銀行カードローンはなぜ生まれた?銀行が個人向けにカードローンを行う背景とは

銀行というところは、かつては個人向けの融資というものを行っていないところでした。確かに銀行からお金を借りる場合というのは、企業などの法人が利用するといったケースがほとんどであり、個人が融資を受けるというのは銀行の業務のカテゴリー外だったといわれています。

 

そんな中登場したのが銀行カードローンでした。銀行カードローンは、これまで個人向けの融資を行ってこなかった銀行が個人を対象にした商品ですが、こうした銀行カードローンができた背景にあるのは、

 

ひとつは「バブル崩壊」による価値観の変化

 

です。これまで銀行でお金を借りていた「顧客」と呼ばれる存在は先述の通り企業などの法人でした。しかし、バブル崩壊後の不況で企業が倒産するといったケースが増え、倒産を免れた企業としても銀行をそうおいそれと利用できなくなってきたのです。

 

当然ながらこれまで顧客だった企業などの法人が銀行を利用しなくなれば、それだけ銀行が得るべきだった利益というものは得られなくなります。そこで考えられたのが個人的な融資を行う銀行カードローンだったのです。

 

もちろん銀行としても個人向けカードローンだけで利益を賄うことができると考えているわけではなく、

 

合併などの再編といった戦略を進めることで失った利益をカバーするといった方策

 

も打ち出しています。それでも、銀行カードローンは多くの人が利用することで銀行の事業拡大に大きな貢献を果たしているといえます。

 

もともと個人向けに融資を行ってきたのは銀行ではなく消費者金融業者でしたが、銀行カードローンの登場により、消費者金融業者としてもよりサービスの拡充に努めるようになりました。結果的に利用者側が利用しやすい環境が整えられていったともいえます。

 

また、銀行の中には三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などのように消費者金融業者をグループ企業として傘下に加えているところも登場しています。このように、銀行カードローンは銀行の戦略におけるサービスの拡大に欠かせない存在となりつつあります。

 

バブル崩壊後、お金を借りる人口が増える事は銀行にとっては有難い事ですがリスクも伴う為審査は慎重です。

2014/11/23 03:20:23 |
ところでスマホキャッシングというものをご存じですよね。そう、ブライダルローンとは結婚式を挙げるために組むローンです。結婚式というとどうしてもいろいろとお金がかかってしまいますからね。そんな費用、手持ちのお金だけで用意できない!という方のためにこういったローンがあります。ブライダルローンにも種類があり...